5月31日 - 一発屋の話

こんばんは、ガルナです。



こちらの楽曲が26日で10周年を迎えました。
この「ツマンネ」というフレーズは今後のシリーズとしても続くことになりますし、商業CDにもインストとして大切なフレーズを担当しましたし、初めての同人アルバムのタイトルも「ツマンネ」という言葉を使わせていただきました。
そして、CAFFEINさんがキャラクターを充てた「弱音ハク」というキャラに魅入られ、そしてピアプロを通じて今も毎年ハクの日にイラストを描きおろしていただいている鴨。さんと繋がるきっかけとなり、ある意味ではこの楽曲がボクにとっての転機になったのは間違いありません。

当時はトルコ行進曲オワタがめちゃくちゃ反響があり、またその一方で次の作品が伸び悩んだこともあり、自分としては「一発屋」にだけはなりたくないというのがありました。まぁ一発当てるだけでも十分凄いと今となっては思いますが、それでも若さゆえの貪欲さはあったと思います。

今となっては弱音ハクは商業ゲームにも登場し、すっかりとメジャーな亜種キャラとして定着したと思いますが、そのきっかけとしてボクの曲も少しでも関わっていると信じたいところです。
みんなも弱音ハクの楽曲、どんどん聞こう。

ところで「緑字でツマンネ」という言葉自体は弱音Pの楽曲にもありますが「褒め言葉」の一つです。
今更ですけどここ大切なのできちんと復習しておきたいところですね。10年前ですから、もう知らない人もいるでしょうから。ね。

今日はここまで。ではでは。ノシ
posted by ガルナ at 20:59 | 雑談